BPOでビジネスのリノベーションを

コア業務に100%集中できるシステム化

BPOは、「Business process outsourcing(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)」の略で、顧客企業の業務の一部を請け負う事業のことをいいます。

これは、企業が自社の業務処理(ビジネスプロセス)の一部を外部業者に委託(アウトソーシング)することで、自社のコア業務に専念することができるというメリットがあります。

 BPOとアウトソーシングの違い

もちろん今までにも、アウトソーシングサービスという業務代行の領域は、人手不足を補完する手段として、社内業務の一部を外部に委託するというフローは確かに存在していました。

しかしながら、企業経営がグローバル規模で拡大を見せる昨今、労働環境は変化し、それに応じて組織の事業内容も多角化しつつあります。

企業は、自社の人的リソースを最大限有効に活用するという必要性に応じて、収益に直結するコア業務にのみ、自社の人材を集中させるという仕組みへと転換させるようになってきたのです。

つまり単一業務の外部委託や一時的な外部委託を指すことの多い「アウトソーシング」とは違い、自社にノウハウのない業務や、間接業務を継続的に外部にアウトソーシングする「BPO」に目を付けたのです。

BPOとは

業務代行サービス同様、外部に委託することには違いないですが、BPOは委託の中に業務効率化などのプロセスを含んでおり、「外部業者に自社の部門を置いて業務を行ってもらう」というイメージになります。

通常の業務代行サービスと異なる点は、業務企画・システム設計・運用・人材採用まで、自社業務を丸ごとアウトソーシングできるのが特徴です。

このように外部のプロに任せることで、社内での人材育成も不要かつ、より高品質に効率的に遂行することが可能となります。またノンコア業務で発生していたコストの削減が可能となり、BPOは企業経営においての競争戦略の一つと言えます。

BPOの対象業務・業種について

人事部門

採用・人事データ管理・人材育成・給与計算
採用代行であるRPOと被る領域ではあるが、人材派遣会社や社労士・税理士事務所などが受託している。

経理部門

経費精算・請求書発行・決算業務
専門家にアウトソーシングしている事例が多く、公認会計士や監査法人などの専門知識を持つスタッフを有する企業が請け負う。

総務部門

受付・秘書・コールセンター・オペレーターション業務
各業務カテゴリーを専門とするBPOベンダーへ委託することが多い。
秘書業務関しては、有資格のプロフェッショナルを揃えた人材派遣会社など。

事務

受発注などのデータ入力・帳票・書類管理
総務系人材派遣会社による委託など。MOS保有者や簿記スキルを持っている人材を強化している企業など。

IT部門

システム設計・開発・運用・保守・コンサルティング
システム開発を施工した会社の受託が多い。今後RPAの領域との併用が期待される。

営業部門

営業戦略の立案・実施・営業代行
戦略的に営業活動を進めるためのマーケティングコーポレートやコンサルタント。またテレアポなどの営業代行など。
経営コンサルティング会社が包括している場合もある。

BPOを導入することで期待できる効果

コスト削減が可能になる

BPO導入メリットで、最も認知されている点です。

これは単純に人件費、人材採用や、教育に関するコスト削減は言わずもがな、業務に付随的に発生するコスト、オフィス管理・インフラ維持費までがコストカットの対象です。

部門運営していくために、多くのコストと様々なリスクマネジメントによる労力を掛けるよりも、即戦力となるプロに任せる方が、圧倒的にコストが抑えられます。

業務の高品質化が担保される

BPOにより、その分野の専門家が業務を行うため、業務効率が格段に上がります。

その高いスキルにより、より正確性が高く、より高品質な成果物が期待でき、社内での人材育成のため労力を割くこともなく、品質向上が早期期待できるのです。

セキュリティ対策を外注できる

BPOサービス事業者は「ISMS認証」を取得しており、機密保持・個人情報保護などのセキュリティ対策を強化することが可能です。

多くの企業は従業員の個人情報や、顧客情報を扱っているので、漏洩は死活問題となります。
BPO事業者選定の基準は業務スキルの高さばかりに注目するのではなく、セキュリティ対策が万全であるかも大きな要素となります。

企業ブランドの価値向上が期待できる

ノンコア業務のコストダウンが実現すれば、コア業務へ貴重な経営資源を投資することができます。
さらにはノンコア業務の品質が高まることで、自社社員に発生する様々な雑務に対応する手間をカットすることができます。

それはつまり、コア業務に専念できる時間と労力が生まれるということです。

BPOを導入した未来

企業がイノベーションを起こし、社会に影響を与えるためには、一定以上にスケールする必要があります。

しかしながらビジネスを成長させるためには、ノンコア業務を構築することは避けて通れない道でありながら、そこに貴重な人的リソースを割くことが難しいのが実情です。

そのような時、自社でカバーしきれない専門的な業務や、人員や工数がかかるばかりの業務、また突発的に発生するスポット業務など、専門家の力を借りることのできるアウトソーシングは非常に魅力的です。

BPOを導入することで、より創造性の高い課題に目を向けることが可能となり、革新的なアイデアが生まれ、新たな商品・サービスの生産に繋がる可能性を孕んでいるのです。

BPOは「人」と「経験」を強みとし、専門性の高い領域から多岐に渡る支援が可能です。

弊社の新サービス「ASHIGARU」のスタッフは「元・営業ハイパフォーマー」のみ。

つまり「常に最前線で営業として顧客と折衝してきた『攻め』のスペシャリストが、カスタマーサクセスなどのいわゆる『守り』の業務」を行うことにあります。

カスタマーセントリック(顧客中心)を徹底的に取り組み浸透させることで、持続可能な「顧客満足のアウトソーシング」を、カスタマーサクセスからカスタマーサスティナビリティへと昇華した「ASHIGARU」を、是非お試しください。

ASHIGARUコラム