「営業も頼める」あたらしい、オンライン秘書。

ASHIGARU

あたらしいオンライン秘書「ASHIGARU」は全員が「元・営業職のハイパフォーマー」のみで構成され、特別な訓練を積んだ精鋭部隊のみで構成されています。お客様への丁寧なヒアリングをもとに、貴社専用チームを編成。カスタマーサクセスの実現からテレアポ代行までをワンストップで行える、まったくあたらしいオンライン秘書体験をご提供します。

「元・営業ハイパフォーマー」がオンライン秘書を行うことの意味

「ASHIGARU」の特長はなんといっても、「常に最前線で営業として顧客と折衝してきた『攻め』のスペシャリストがカスタマーサクセスなどのいわゆる『守り』の業務」を行うことにあります。
クレーム対応からの解約阻止はもちろん、そこからの自然なクロスセルやアップセルこそ「ASHIGARU」の真骨頂です。たんなる顧客に対する電話対応に終わらない、既存の顧客のLTV(生涯顧客価値)を最大化させるということを得意にしています。
会社のバックオフィス業務・ノンコア業務は、なかなかコア人材をアサインしづらい領域ですが、顧客との一番の接点であることは間違いありません。
そこで、私たちの精鋭部隊「ASHIGARU」を是非アウトソーシングしてください。

「攻め」も「守り」も自由自在にこなせる。

そして、 「元・営業職のハイパフォーマー」 のみで構成されたチームです。営業活動でも同じように真価を発揮できます。
例えば、テレアポの代行もオンライン秘書業務のなかに組み込むことができます。顧客対応だけでなく、新しいリードを創出できる文字どおり「攻め」も「守り」もこなせるオンライン秘書、「ASHIGARU」を是非体験してみてください。

「足軽」【足が軽く、駆け回り、戦を支える者】。

もともと、戦で直接に戦闘に参加するのは、武士と家臣のみ。食料の運搬や雑用などの【後方支援に特化した人々】に対し、足が軽く、駆け回る者の意で足軽と呼ばれるようになりました。

しかし、 鎌倉時代末期より、足軽の存在感は増し、応仁の乱では東軍西軍合わせ30万近い軍勢の大部分が雇入れの足軽であったり、また、それまでの農民=足軽の図式が、織田信長の兵農分離によって、戦に特化したプロの足軽集団が出現。足軽部隊が戦を明暗を大きくわけるようになっていきました。

足軽のように、お客様のビジネスに大きな貢献ができる存在を目指して。

「ASHIGARU」の目指すは、「お客様のCSを実現させること」です。
私たちは、あたらしいCS、すなわちカスタマサポート→カスタマーサクセスの先にある、「カスタマーサステナビリティ」を掲げています。
一過性の顧客満足や成功ではなく、大事なことはそれを持続させ、お客様とその先のユーザーを幸せに「し続ける」ことと考えています。
お客様のビジネスの影で支えながらも、大きなインパクトを残せる存在・チームを目指して参ります。